B型肝炎の感染はどんなもの?

B型肝炎の感染は、一つの症状が現れてしまうといったものではありません。B 型肝炎訴訟の対象になる一定期間の中で集団予防接種を受けた方や、このような予防接種によってB 型肝炎ウイルスに感染してしまった母親から生まれた子供になります。B型肝炎に感染すると全く症状のない無症候性キャリアというものから、慢性的な肝炎、更には軽度の肝硬変、もっとひどくなると重度の肝硬変や肝臓ガンそして場合によってはすでに亡くなっているケースなどがあります。

前述の通り該当する期間中の予防接種、そして予防接種を受けた母親からの母子感染というのがB型肝炎給付金を受けられる方の条件になっています。そのためこのような感染経路が疑われるのであれば、医療機関で検査をしてみることがお勧めとなります。予防接種法が現在とは違っていたため注射器の連続使用によってB型肝炎に感染してしまった方が増加した事実があります。こういった事実があるからこそ、国としても給付金の支給に取り組んでいるのです。

発症から、または予防接種を受けたときから20年が経過していると訴訟を起こした場合の給付金額に大きな違いが出てしまいます。たった1年の違いが受け取れる給付金には非常に大きな影響を及ぼしますので、やはり検査を受けてみることが何よりも重要になるでしょう。